<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月17日 大腸検査

 毎年恒例の大腸検査です。
親父が大腸がんで、遺伝の可能性ありだから検査したほうがいいです。
と言われてから始めました。
 
 朝から下剤(?)を2リットル飲みました。1リットル飲んだころから便意をもよおし、何回かトイレに行きました。宿便もほとんど無く、いまは透明な便(下剤のみ?)になりました。

 これから病院に行って、鎮静剤を打たれて、朦朧としながら、カメラを突っ込まれてきます。
[PR]
by ushiro2008 | 2009-07-17 08:18 | トピックス

7月11日 温泉ツアー

4時半出発で、4箇所の温泉めぐりをしました。
アルバムは、こちら
3時間かかって最初に到着したのは、豊礼の湯(はげの湯温泉)です。
b0154584_1872876.jpg

家族風呂800円。コインを入れると湯船が一杯になってもこれでもかというほど湯が大量に湯がでてきます。
洗い場も一杯になって、脱衣場との段差を乗り越えそうになったころ、ようやく勢いがとまりました。
白い(コバルトブルー?)のお湯をゆっくり楽しみました。

無料休憩所で持参の弁当で朝食をとったあとは、くじゅう花公園を目指します。
途中雨が降ってきたりしたので、散策ができるか心配でしたが。。。
花公園に到着と同時に、晴れました。
クレオネ、ラベンダーの畑を巡って、ラベンダーの摘み取り(300円)もしました。
ラベンダー園を離れたところで、雨が再び降ってきました。他の花畑をそそくさと廻って、車に戻りました。
b0154584_1875212.jpg

b0154584_1881123.jpg

b0154584_1883052.jpg


次は、久住ワイナリー。初めての訪問でしたので、試飲を楽しみにしていましたが。。。
どのワインも酸味が強く(辛口?)私の好みではなかったので、試飲のみでした。

途中の酒蔵跡で。。。
b0154584_18131791.jpg

b0154584_18133677.jpg

b0154584_1813554.jpg


長湯温泉では、ラムネ温泉入浴です。雨の中でしたが、外のラムネ温泉にゆったり浸かりました。
b0154584_189221.jpg

b0154584_18114181.jpg


湯平温泉に向かって、地元の食堂で、川魚料理の昼食をとります。
温泉は、共同浴場をのぞいただけで入りませんでした。
b0154584_1892686.jpg

b0154584_1812293.jpg


由布院に向かう途中で、由布院ワイナリーに寄り道、今日は好みがなかったので、1本だけ購入。

由布院では、B-SPEAKに寄りましたが、ロールケーキは売り切れでした。
近くの酒屋さんで、由布美人というお酒を買いました。

次は、塚原温泉です。山道を登ってたどり着きました。
初めてでいたが、強酸性の強烈な印象の温泉でした。
b0154584_1895363.jpg

b0154584_1812138.jpg


別府に下って、ひょうたん温泉に。。。
塚原温泉の印象が強く、物足りなく感じました。
b0154584_18103720.jpg

b0154584_18105168.jpg



別府の締めは、ネット口コミで調べた回転すし屋(亀正くるくる寿司)。
無料の味噌汁は、いまいちでしたが。。。
お寿司は、どれもボリュームたっぷり、おいしかったです。
燗酒が、あがりの湯のみで出てきたのには、ちょっと驚きました。

大分温泉を堪能した1日でした。
[PR]
by ushiro2008 | 2009-07-11 23:45 | 温泉

まえつる酒店(雁木)

 彦島フェリーに乗って、吉見温泉センターの行く途中で地酒のまえつるという店を見つけた。
反対車線だったので、帰りに寄りたいけど開いてるかな?と思っていたら。。。
 7時過ぎまで開いていました。

 入ってみると日本酒はほとんど生酒らしく、冷蔵庫に入っていました。
個人的には、火入れしたほうがすきなのですが。。。
 それとほとんどが一升ビンでしたので、4合ビン派の私には。。。しかし、1升ビンから小分けして4合ビンで売ってくれるとのこと、おぬしなかなかやるな!とおもいましたが。。。

 ”雁木”という岩国のお酒が4合ビンであったので、それを買って帰りました。
無濾過荒ばしり。絞りたてのお酒らしく、ほのかな甘さと軽い発泡感。
 よく冷やして水割りにすると夏に合う味だと思います。



 
[PR]
by ushiro2008 | 2009-07-05 18:00 | お酒

BE THE HERO!

福岡県大会3位おめでとう!
みなさん、たくさんの応援ありがとうございました。

しかし、
1.練習したことを力一杯出せただろうか?
2.レギュラー陣は、仲間や後輩たちを出場させられるような頑張りができただろうか?
3.みんなでひとつになって戦かえただろうか?
 
 準決勝のかしい戦。ノーサイドの笛を聞いても、私には、悔しい思いは沸いてきませんでした。負けても、練習したことをみんなでひとつになって出し切れるチームを目指してきたはずです。それがかなわなかった敗戦でした。
某コーチの「俺たちの教え方の時代はおわったのかな?!」の言葉に、無念さが滲んでいました。新人戦では、持てる力をみんなで出し切った姿が、優勝以上に多くの方に感動を与えたはずです。

幸いにも、春日との九州大会第3代表決定戦を戦うことが出来ます。一人ひとりが力一杯、みんなでひとつになって、それが出来るのは、君たち自身しかいません。

一人一人が“BE THE HERO!”自分を信じて、仲間を信じて、力を出し切ろう!

そして、怪我で県大会のピッチに立てなかった仲間を九州大会のピッチに立たせてやってください。
[PR]
by ushiro2008 | 2009-07-05 15:00 | ラグビー